FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

明日は晴れるだろう…

  // 

子供達の野球を中心に時が過ぎて行く我が家の記録です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

私立、ジョウトウ 

長野県中信地区に限って言えば、私立の硬式野球部としては松商学園、松本第一、都市大塩尻、創造学園という4校が存在する。

松商といえば甲子園出場回数で全国屈指の名門校であり、創造学園にしても塚原青雲時代を含めて何度も甲子園に出場実績があり、また都市大塩尻は昨年初出場を果たしている。残る松本第一も今夏県大会準優勝、ここ数年安定した実績を残しており、どこも強豪と呼ぶに相応しい学校なのである。


U太郎の出身高を含め、公立高校野球部にとって、公式戦で私立高校を敗る事はひとつの大きな目標でもある。

U太郎2年の夏大直前、その夏大決勝を争う事になる、松商学園、松本工業と三つ巴の練習試合が行われた。

松工戦ではU太郎が先発、松工は2番手投手であったものの、引き分けという好試合を演じ、そして松商戦では3年生エースが松商打線を手玉にとり、練習試合とはいえ勝利を奪取した。

しかし、これはあくまでも練習試合での話である。

その後おこなわれた松工vs松商戦がガチ、エースの投げ合いだった。

ちなみにその後の夏大決勝は松工が制して甲子園初出場を成し遂げた。


さて、U太郎にとって公式戦での私立勝利は1年生秋の創造学園からの1勝のみであったと記憶している。

練習試合では創造以外にも第一に勝った事があったかな・・・

都市大には3年春に0-1の惜敗はあったが、負けは負けだしね。

いずれにせよ、私立は高~い、本当に高~い「壁」だった訳です。


中信地区では、秋に1年生を中心にしたルーキーリーグが開催される。

扱い的には「準公式戦」ってところだろうか。

そんな準公式戦においても、やはり私立の壁は高いのは変わらない。

だが、今年のU太郎の後輩1年生達はそんな壁を越えてしまった。

同じブロックの松本第一に勝利し、決勝トーナメントをかけて臨んだ都市大塩尻戦は惜しくも引き分けという結果に持ち込んだ。

残念ながらブロック優勝は都市大にさらわれたが、私立との対戦で1勝1分という素晴らしい成績を収めたのである。


準公式戦であり、1年生チームの話であるが、この結果は大きな自信となったのは間違いない。

彼らは来年の秋になれば中心選手となる訳で、来秋、再来春、そしてその夏と、大きく期待は膨らむ事になる。

これからどれくらい伸びていくか・・・

来春、新しく迎えられる1年生(現中学3年生)がどうなるか・・・

不確定な部分は多大にあるのだが、今からワクワクだね!


スポンサーサイト
高校野球  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。